Lifesaving

TKSはライフセービング活動を応援しています。


ライフセービングとは

「ライフセービング」とは、水辺の事故をなくすことを目的とした活動で、事故防止のための監視や指導、救助、ライフセーバーの技術向上のための競技等のすべてをさす言葉です。

ライフセービングは、「溺れた者を救う」という救助活動から、溺れない安心な環境をマネジメントすること、さらには日常生活の危機管理も含めて、総合的に安全を提供できる活動として世界中で普及されている。

(特定非営利活動法人日本ライフセービング協会)


ライフセービングコース

自分の命をまもる。溺れないための安全教育。

ライフセービングコースはいのちの大切さを学び、安心感のある優しい人になってもらいたいという想いから誕生しました。

ライフセービングとは、水泳、サーフィン、海水浴など水辺で安全に活動するために必要なスキルです。また日常生活の中でも危険を予測し、行動していく力や友達を支え合うこともライフセービングといえます。

私たちは、自然と関わり『いのちを守る』ライフセービング活動を通していのちの大切さを学び、溺れないための安全教育の一環として水泳技術の習得や水中における身のこなし方を身につけてほしいと思っています。

プールという整備された環境での活動と海などの大自然のなかでの体験活動を通して、『自身の身を守れる力』を身につけことを目標としています。

主な活動場所はスイミングクラブで4泳法(クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ)やライフセービング要素を取り入れた内容を展開しています。その他、海での練習や合宿、プールや海での競技会等のイベントにも参加しています。また、お子様だけでなく保護者の方も一緒に取り組んでいけるようなイベントも開催しています。

 

 


ライフセービングチーム/銚子ライフセービングクラブ

カワサキスポーツサービスは銚子ライフセービングクラブのメンバーとともに、20年間千葉県銚子市と旭市の海岸でライフセービング活動を行っています。

夏期は銚子市と協力し海水浴場で来場者を対象に『ライフセービング体験教室』を開催しています。

夏場だけの活動ではなく年間を通して定期的に集まり練習会やミーティングなども行っています。


※銚子ライフセービングクラブ活動報告ページ 





練習会の開催

ライフセーバーの基本とも言える泳力向上を目的に定期的にプール練習会を開催しています。

また日本マスターズ水泳協会公認競技会にも出場し泳力アップを目指しています。


<練習内容>

・インターバルスイム

・オープンウォーター形式スイム

・負荷をかけたスイム

・エクササイズスイム

・フィンスイム

・マネキンキャリー など




株式会社TKS

〒213−0031 神奈川県川崎市高津区宇奈根666-1

Tel.044-712-0828 Fax.044-330-1337

※日曜日・水曜日定休日